商品案内

 

商品案内

ドビーの限界の挑戦

当社は「ドビー」織物に特化しています。一般的にドビ−織物は「シンプルな織物」と言われています。しかし当社は差別化するために、「ドビ−の高級化」を目指しています。独自開発の糸を元に、一つの規格で沢山の糸種や極端に太さの違う糸を使用。また組織(タテ糸とヨコ糸の交差方法)を最大限活用したドビ−織物を開発しています。この様な規格は「織る技術」が求められ、品質を保持することが難しくなります。当社はこの規格で高品質な商品を提供致します。

提案型のスタイル

当社独自のアイデアのもと年間約200点以上の新柄を作っております。そのまま商品化されるもの、修正が必要となるもの、勿論、商品化出来ないものあります。これら全ての総試作点数は500点以上になります。大変コストがかかりますが、当社の価値は毎年、新しいものを開発し、御客様に提案し続けることにあると考えています。

ドレ−プ

糸を染めてから織る「先染め」、織った後から生地染めする「後染め」の両種類開発しています。

画像:ドレープ

   

ボイル

最大3mの生地巾で透け感のあるものから透け感を抑えたものまで、様々な種類の薄地生地を開発しています。他社には出来ない規格を念頭に開発し一部はヨ−ロッパに輸出されています。

画像:ボイル

   

絣・銘仙

地元伝統の織物、「伊勢崎銘仙」をポリエステル材料で、広幅で復活させたシリ−ズです。極太の節糸を使った「太織り」や「絣」、縞、格子など、当時の銘仙を強く意識したものです。材料がポリエステルのため、洗濯することが出来る他、撥水機能、燃えにくい機能を付けることも可能です。

   

資材

近年、当社の織物が進化し、フィルター用メッシュとして使用されております。また農業資材分野の開発、研究を群馬県と共同で進めております。

 


会社概要 | 商品案内 | 採用情報 | お問い合わせ | リンク | 個人情報の保護方針
伊勢崎銘仙について | フォトギャラリー | 織物ができるまで