織物のできるまで

  • 1.企画・設計・試織
  • 2.準備
  • 3.製造
  • 4.検反
  • 5.整理・二次加工
  • 6.出荷

 

織物ができるまで -当社の場合-

織物ができるまでを簡略化し、工程ごとに説明していきます。

開発→準備→製造→検査→加工→出荷

1.開発段階 (A分析 → B設計 → C試織 → D物性評価)

市場がどのような商品を求めているか、また当社としてどのようなものを作れば、差別化できるか、机上論から具体化していく工程です。

A分析

  1. 得意先の要望、市場ニーズなどの情報整理
  2. 世界のトレンド情報整理

これらの情報を基に営業、開発一体となり開発の方向性を決め、適した糸を開発します。
そしてサンプル織物を作る準備に取りかかります。

 

まず、

  1. どのような柄にするか?
  2. 組織(タテ糸とヨコ糸の交差方法)は?
  3. 使用する糸は?
  4. どの糸にどの色をのせるか?
  5. 糸配列は?

の構成を考え、実際に織物にしたときの状態をコンピューター上で再現します。この工程をB「設計」と呼びます。間違えがないか、色、糸の見え方、配色などをチェックします。実際に織らないと分からないことがコンピューターで確認でき、無駄な試作を削減できます。問題がなければC「※試織」を行い、織物を作ります。そして様々な物性テスト(燃え難さ、洗濯性など)を行い、機能が保持されているかD「物性評価」を行います。

問題が無いことを確認した織物を商談用見本として営業に廻し、営業活動の武器として活用します。当然ながら色、企画などの修正が入るものもあります。

※試織は基本的に本生産と同じ工程のため説明は略します。

↓

2. 準備

商談がまとまり、柄、色、数量が決まると、必要な糸量を算出し、原糸メーカーに発註します。糸が入荷するとその糸に撚り、染めなどの加工を施し、いよいよ織物の生産工程に入ります。

↓

製造(A整経 → B引込み → C織り)

A 整経

織物のタテ糸を準備する工程です。タテ糸の配列は全て順番が決められています。糸を決められた配列、必要な巾、必要な長さで整経機と呼ばれる大きな機械に巻き付けます。巻き付けた糸は織機に移動出来るように「ビーム」と呼ばれるドラム状のものに巻き取ります。一本一本全ての糸が同じテンションを保ち、傷つかないよう注意をしなければならず、非常に微妙な作業が要求されます。

B 引込み


手作業の引込作業の様子
当社は機械化されています。

整経をしている間、織機にタテ糸をのせるための準備をします。織物はタテ糸とヨコ糸が交差してできます。そのためにタテ糸を上下にさばき、ヨコ糸が入る道をつくる必要があります。この工程ではタテ糸を上下させる装置(綜絖)、タテ糸が切れたときに織機を自動停止させる装置(ドロッパー)、ヨコ糸をタテ糸に打ち込む装置(筬)、の三つの装置にタテ糸を一本一本通す作業を行います。この作業は手作業で行っているところもありますが、当社は機械化されています。この工程でできあがったものと整経で出来上がったタテ糸をジョイントします。この出来上がったものを架物と呼びます。

ここまでの工程で漸く織るための準備が整います。

C 織り

架物を織機にのせて織り工程に入ります。織機にはデーターとして織り速度、密度、組織(タテ糸、ヨコ糸の交差方法)、ヨコ糸の打ち込み順序、タテ糸、ヨコ糸のテンションなどが入力され、コンピューターで管理されます。これにより織り始めから織り終わりまで同一条件で織物を作ることが出来ます。

↓

4. 検査

織り上がった織物は全て、厳密な検査が行われます。汚れ、キズなどの不具合がないか確認。不具合がある場合は補修を行います。この工程だけは自動化出来ないため、人間による手作業で行われています。

↓

5. 生地加工

この工程は協力工場で行われます。加工には様々な種類があり、商談時にどの加工を付けるか決めます。洗う、様々な機能(消臭、防かび、燃えにくくするなど)を付ける、プリント、染めなどを行い、最終的に生地全体の皺を取る加工をします。この加工工程の最後にもう一度検査を行い、合格したものだけが出荷されます。

↓

6. 出荷

出荷された生地はカーテンやロールスクリーン、クッションなど様々な製品に形を変えて店頭に並びます。


会社概要 | 商品案内 | 採用情報 | お問い合わせ | リンク | 個人情報の保護方針
伊勢崎銘仙について | フォトギャラリー | 織物ができるまで