会社概要

 

 

 

 

 

 

会社概要

画像:明治初期の社屋 画像:現在の社屋

当社は主にインテリア、資材向けの織物を企画、製造、販売するメーカーです。
会社のある伊勢崎市は古くから織物産地として栄え、太織りの着物、「伊勢崎銘仙」が有名です。

当社は着物の買継商として創業。その後、製造部門を設立。戦前は貿易商事部門を作り神戸、横浜、中国大陸にも事務所を開設。また織物以外に、編み、縫製、小売りと事業を拡大。一時期は秩父や軽井沢にまで小売店を出店していました。

戦後は時代の流れに従い、全事業を見直しし、事業を統廃合、整理。企業として大変厳しい局面を乗り越えました。織物製造販売事業は会社の中核事業として改革を進め、昭和48年にインテリアに参入し、現在の会社の基礎が出来上がりました。

現在は着物、アパレルからは撤退し、インテリア、産業資材に特化しています。
高品質化、効率化、小ロット化を想定した設備投資を積極的に行い、世界最新の機械が導入されています。

会社の理念

1.安定供給 高品質の商品を安定的に供給し、御客様が安心して仕入出来ることを考える。
2.素材開発 新しい素材を常に開発し続け、当社からの提案を基本とする。
3.誠実 小さな会社だが、モラルを守り、何事にも誠実に対応する。
4.貢献 雇用を創出し、地域に貢献する。

会社説明

下城株式会社

創業 1896年(明治29年)
設立 1948年(昭和23年)
資本金 7000万
事業内容 シロテックス株式会社の管理
織物販売、原材料仕入、不動産管理
経理、人事管理等を一括管理。

シロテックス株式会社 

 創業     1934年(昭和9年)

 設立     1956年(昭和31年)

 資本金    2000万

事業内容  下城株式会社の製造部門。企画開発から、製造までを行う。

  ※シロテックスの由来
英文「CIRO TEXTILE HOUSE」の略で下城(株)の輸出ブランドとして使用していました。「CIRO」は古代ペルシアの大王の名でヨーロッパでは歴史上の人物として知られています。この意味と下城の「城」をかけてこのブランド名ができました。このブランド名を1991年に旧会社下城機業の新社名として使用しました。

会社データ

下城株式会社・シロテックス株式会社全体の会社情報

従業員数 40名(グループ全体)
平均年齢 38才(グループ全体)
主な販売先 伊藤忠商事(株) 帝人フロンティア(株) 東レインターナショナル(株)
主な仕入先 伊藤忠商事(株) 帝人フロンティア(株) 東レインターナショナル(株)
東レ(株)
所在地 〒372-0812
群馬県伊勢崎市連取町1335-1
TEL:0270-24-1311
FAX:0270-24-1313

会社概要 | 商品案内 | 採用情報 | お問い合わせ | リンク | 個人情報の保護方針
伊勢崎銘仙について | フォトギャラリー | 織物ができるまで